Mutsuming Blog

子育てにひと段落ついた50代のむつみんです。

台風、大雨がくるまえに。

Salut  台風や大雨がくるまえに、必ずやらなくてはいけないことがある。

 

自然豊かな郊外にある(日本語訳:田舎)我が家は、外付けの二階から屋上に上がる

階段の踊り場が狭いバルコニーになっている。(←屋根はないが腰高くらいの壁に囲まれている。)どこにでもありそうなバルコニーだ。

 

しかし、、、

 

f:id:mutsuming2021:20210917142304j:image

 

お気づきだろうか?

 

階段下に排水溝があることを!!(汚くてごめんなさい)

 

うっかり落ち葉が溜まるものなら、台風、大雨時は雨水が異常に溜まる。

大人の足、くるぶし辺りまで雨水が溜まるから、

忘れずにとりのぞかないといけない。

 

くるぶしを超えるとドアが開かなくなるだろうし、さらに開かなくなったら

ドアの隙間から部屋に水が入ってきそうだ。

 

流石に入ってきたことはありません。

 

過去の事例①

大体は、はっと気が付いて、100均のレインコートを着て、素足で溜まりかけた水をかき分けながら、長い枝のようなもので排水溝周りにくっついた落ち葉を払い、フワァと離れた瞬間をビニール袋でかき集める。そのうちに水が流れていく。

 

過去の事例②

夜10時、ゲリラ豪雨だった。気が付くのが遅く、水がくるぶしまで溜まっていた。排水溝が見えない。

しょうがないからまた100均のレインコートを着て、洗面器やバケツで水をバルコニーの外へ捨てる。何回も。夜10時だったから近所さんに見られませんようにと願う。

悪魔の舞かと思われるんじゃないか?

もう、どうにでもなれ!部屋に入ってくるならきやがれ見届けてやる!

 

次の瞬間、雨は止んだ。何事もなかったように。

翌朝、近所の友達に見られていたことが判明。

 

★★★

 

解決策 その1

そんなことがあった数日後、住宅メーカーさんの定期点検があり、今回は外回りを見てくれるらしい。

話をしたところ、原因は竹の葉が屋上の溝のところどころにつまり、あふれた雨水がバリコニーの上にボタボタ落ちてくるとのことだった。

 

竹の葉だと??

 

あるにはあるが、急カーブでもしないと届かないぞ。竹の葉の急カーブなんて想像できない。

それとも風でぶわっと舞い上がってうちにたどり着いたのか?

風というのは私が思っている以上に複雑な動きをするのか?

 

しかも、竹の葉というのは、なかなか枯れずに、溝に居座るらしい。そりゃ詰まるわな。素人には手の届かいない場所だからプロがちゃんと掃除をしてくれて、ちょっとでも掃除しやすいように、部品を移動してくれました。

f:id:mutsuming2021:20210917160026j:image

(▲容疑者の竹藪)

 

解決策その2

普段から排水溝をチェックする。もう懲りたのでチェックしています。

 

手が届かないので750mmの超ロングのトングで竹の葉とってます。

洗濯機の横や、冷蔵庫の横などの隙間に物が落ちた時(←よくやる)や隙間掃除にも使ってます。

 

Au revoir 悪魔の舞に気をつけよう。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ