Mutsuming Blog

子育てにひと段落ついた50代のむつみんです。

フライパンで茹でる意外なものは?

Salut 大きなお鍋でグツグツ煮るのが苦手です。

 

湯を沸かすだけで時間がかかるし、片付けの時は拭いても拭いても水滴が残る。

置く場所もとる。

煮物にするときは電気圧力鍋を使う今日この頃です。

でも麺類はやはり鍋なのか?

f:id:mutsuming2021:20210928003351j:image

 

最近知ったのが、

フライパンで少量の水で、

枝豆・パスタ(二人分200g)・そうめん(我が家の三人分で三束)が

茹でられるということ。

 

今回はそれらの茹で方を紹介します。

(写真は28㎝のフライパンを使用しています。)

 

★枝豆★

1.枝豆を袋から出し、水洗い。(両端は切らなくていいです)

2.フライパンに少量の水(枝豆が隠れない程度の少量で可)をいれる。

3.枝豆をいれ、蓋をして中火で7分ゆでます。

 (空だきにならないように時々見てください。)

4.ゆであがったら、ざるで湯切りして、お好みで塩をふって出来上がりです。

 

f:id:mutsuming2021:20210918145109j:image

 

 

★パスタを茹でる(二人分200g)

在宅ワークの昼食に出番が多いのでは?一人分だったら100均で

レンジで加熱する道具があるけど、二人分同時に作りたいときはこれ!

(三人の時はパスタやめて下記にある、そうめんにして。)

 

 

1.フライパンに600㎖の水をいれ、沸かす。

2.沸いたら中火にしてパスタを入れ、

 指示されたパスタの茹で時間で蓋をして茹でる。

  ※最初から強火だとパスタの端が焦げるので注意!!←経験済み

3.時々まぜたり、茹で加減や、空焚きしていないか確認する。

  ※写真ではベーコンや野菜(玉ねぎ、ピーマンさては余り野菜の活用だな。)を

   一緒に茹でていますね。

4.ざるにいれて湯きりします。

 あとはお好みのソース(温めたレトルトソース)やガーリック、オリーブオイルを

 加えてもいいですね。

 フライパンで加えれば洗い物も減りますね。

f:id:mutsuming2021:20210918145107j:image

 

 

 

 

 

f:id:mutsuming2021:20210918145112j:image

▲しっかりゆであがっているのがわかる。

 

 

▲標準的な太さで、トマトソースやオリーブオイルによく合う。子育てが終わったのでパスタをゆっくりと茹でる余裕ができた。本来のもちもちの食感を楽しんでいます。

 

 

★そうめん(3束分)

夏に知りたかったという声が聞こえてきそうです。

そうめん残ってる方も多いのでは?うちは残ってます。

まだ30度を超える日があるらしいですから、作ってくださいね。

 

 

1.フライパンにそうめん3束がひたる程度の湯をわかす。

2.沸いたらそうめんを入れて指定時間ゆでる。

(だいたい2分が多いのでは??早い。)

3.湯切りしたら出来上がり。

 

 

ぜひ試してみてくださいね。

Au revoir

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ