Mutsuming Blog

子育てにひと段落ついた50代のむつみんです。

歯のメンテナンスは大事

Salut  小説8050(林真理子:著)の主人公、大澤正樹(50代、歯科医)はぼやいた。

【近年、高齢者は歯の手入れが習慣されておらず虫歯が多く、

若い人は教育のおかげでほとんど虫歯の治療がなく、矯正や美容がほとんどだ。】

 

▼感想はこちら。

mutsuming2021.hatenablog.com

 

 

ドキリ!私も虫歯が多くて数年通い、昨年完治した。

 

子どもが歯列矯正で通い、虫歯になりかかればケアしてもらえる。ママ友の紹介でA歯科に通いだしたのだが、子ども達が嫌がらないことに気が付いた。それで私も通うことにし、なにせビビりだから、治療前の衛生士さんとの面談で

 

「以前通っていた歯科はとにかく痛くて治療途中で逃げ出しました。

数年放置しいています。痛いのは怖いです。」

 

大人でこんなことを言うの恥ずかしかったけど、頑張って伝えた。

「大丈夫ですよ。先生にも伝えます。」

治療する前にこんな治療をします。と丁寧に教えてくれるので安心だ。

f:id:mutsuming2021:20210912172218p:image

 

昨年には奥歯を一本抜歯し、

(▼抜歯のドタバタはこちらから)

mutsuming2021.hatenablog.com

 

 

一番奥の歯なので抜いたまま。入れ歯やインプラントは入れていない。

抜歯後はいれるのかと勝手に思って調べまくったけど、抜いたままだった。

それが虫歯治療の最後だった。

 

★★★

治療に通ってる数年のうち、糖尿病になってしまい、免疫が落ちるので歯周病になりやすい。いや、なった。2回なって膿んでしまい、大変な思いをした。

もちろん薬もあるのだが、効き始めるのに数日かかる。

 

腫れて痛いから食欲がないし、薬が効きだしても柔らかいものしか食べられない。

コンビニの麻婆豆腐とかプリンとか夫に買ってきてもらってなんとか食べた。

 

磨きにくいところは誰にでもあると思うけど、思ってもいないところを指摘されるから指導してもらって、しっかり磨き方を教えてもらった方がいい。

専用の歯ブラシもある。

 

 

今は4ヶ月に一度、歯周病チェック、メンテナンスに通っている

デンタルフロスと歯間ブラシ、歯磨きに時間をかけ、さらに食事を見直した成果、

今は虫歯はない。

 

※ごっそり汚れがとれます。

使用後のミントフレーバーと爽快感が気持ちが良くて癖になります。

 

 

 

★★★

抜歯したその年は、父も抜歯をした。

 

▼父の抜歯の話はこちら

mutsuming2021.hatenablog.com

歯科に何回か付き添ったのだが、父の歯をみながら説明することがあって、大人の口の中を見るなんてこと無いから

「父の歯、でかっ!うわーぎっしりして丈夫そう。がっつり食べられるはずだわ。」

まるで進撃の巨人の大きな口、大きな歯を思ってしまった。

 

 

これが長生きの秘訣なのか?普段から歯磨きケアの時間長いっていうし。

よく歯は大事だぞって口うるさく言われていたもんなあ。

身にしみたよ。今からしっかり頑張るよ。

 

Au revoir

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ  にほんブログ村 健康ブログへ